緊急度の全くない救急車の要請についてどう思いますか?こんな救急車の要請は迷惑です!


病院の救急外来には、毎日多くの救急車が来ます。 緊急を要する病状の患者さんが、沢山病院に運ばれて来る救急外来は、いつもピリピリしていますね。 看護師も楽ではありません。 働いている看護師もイライラ? 救急車で搬送されて来る患者さんの中には、一刻を争う状態の患者さんもいます(;´Д`A 交通事故で外傷の酷い患者さんや、意識レベルのかなり低下した患者さんなど、自力で病院に来るのが不可能な重症の患者さん。 そんな患者さんが救急車を呼び、一刻を争う事態に助けを求めて病院に来ているのです。 ですから、救急隊員も速やかに救急車を出動させ、一刻も早く病院に到着できるよう必死です。 しかし、そんな救急搬送される患者さんの中には、軽傷なのに救急車を利用する患者さんもいるのです(・_・; 救急搬送されて来たわりに、全く重症度のない患者さんが、救急車を呼ぶことって珍しくないんです。 救急車は無料だからと、タクシー代わりに救急車を使う患者さんもいます。 また、普通に診察を受けに行くと、診察まで待ち時間が長いから早く診察してもらえる救急車を使うとか…。 そんな理由で救急車を使われるのはとても迷惑ですよね。 緊急度の全くない救急要請は、一刻を争う緊急性の高い患者さんが後回しになってしまう可能性があります( ;´Д`) しかし、救急要請を受けた時、救急隊員は勝手に断ることが出来ません。 救急要請の電話が来た時に、緊急性がなさそうだと思っても、実際に行ってみたら実は生命の危機にあった…なんてこともあり得ますよね。 119番通報の段階だけでは相手の状況が見えませんから、万が一を考えて必ず行かなければならないんですよね。 救急隊員側では、緊急性があるかないかの判断や、救急車を出動させるか否かの判断は出来ません。 やはり患者さん側で、一般常識的な判断を行い、救急車を要請するべきか判断することが大事ですね(´・Д・)」

救急外来の困った患者さん・・・。昼間に診察に行けなかったからと夜中に平気で受診する困った親・・・。起こされる子供もかわいそうだけど・・・。

病院では、診察時間が平日の日中だけですよね。 従来の診察時間外や、休日、夜間などは、救急外来で対応しています。 救急外来には、病院の外来の診察時間外に体調が悪くなり、翌日の診察時間まで我慢することが出来ない患者さんのためにあります(´・Д・)」 病気は、突然襲って来ます。
緊急性の高い状態の患者さんもいますから、救急外来の存在は、患者さんにはとても安心出来るものですよね。 救急外来は平日の診察時間に比べると、診療費用は高くなりますが、緊急性のある患者さんにとってはありがたいですよね。 小児科は、とくに救急外来の患者さんが多いですよね。 子供は、急に発熱したり、突然具合が悪くなりますよね( ;´Д`) 小さな赤ちゃんなど、どこがどう具合が悪いと、ハッキリ伝えることができません。 だから、親は不安になりますよね。 そんな時は救急外来に駆け込むしかありません。 しかし、中には緊急性がなかったり、親が日中都合が悪く診察に連れて行けなかったからと、救急外来に子供を連れてくる親もいます(・_・; 子供は、マル福などで医療費がタダになる場合もありますから、金銭的には診察時間内の診療でも、救急外来でも親の負担は変わりません。 だからといって、夜中に起こされて救急外来に連れて来られる子供もかわいそうですよね。 できれば、具合の悪い日中に受診させてあげれば良かったのに…って思うこともありますねf^_^; 親がどうしても日中仕事があって連れて来れない事情もあるでしょうから、やむを得ない時は仕方ないですけどね。 しかし救急外来は、緊急性の高い患者さんが優先されなければならないのに、緊急性のない患者さんも多く来ています。 それによって、緊急性の高い患者さんは長い時間待たされることになってしまいます。 出来ればちゃんと、診察時間内に受診を心がけて欲しいですね( ;´Д`)

平均寿命は延びていますが、自分の意思では動けない寝たきりの患者さんも増えています。

日本は寿命が長い国として知られていますよね。 女性に関しては、2012年の時点で、86.4歳で世界一なんですよ。 それに、男性の平均寿命も79.9歳なので、かなりの長寿国ですよね。 日本人が長生きする一番の理由は食生活にあると思うんです。 日本人の食文化というのは、脂質が少なくて、血液に負担が少ないんです。 それに、野菜が多く、食物繊維を多く摂取する事ができます。 それに、日本人のような黄色人種は、紫外線や寒さに強いという特性があるんですよね。 だから、皮膚がんになる可能性も低くて、環境適応の能力が高いんです。 それ以外にも、日本には素晴らしい保険制度があります。 日本では、だれもがみんな平等に保健を受ける事ができますよね。 国民皆保健制度です。 だから、もし病気になったとしても、安心してすぐに医療を受ける事ができます。 これも、平均寿命が延びている大きな要因だと思いますよね。 海外では、医療を受けたくても、保健がない為に、高額な医療を支払う事ができずに、 医療を受ける事ができないという方が沢山います。 日本の医療制度は、本当に素晴らしいと思いますよね。 それに、医療が発達した事によって、多くの病気を治療出来るようになりました。 食事が摂れなくても、経管栄養がありますし、自力で呼吸ができなくなったとしても、人口呼吸器があります。 でも、寝たきりになって多くの管に繋がれている状態というのは、本人にとって幸せな事なのかどうか、 考えてしまう時があります。 元気な状態で過ごせるのであれば、寿命が延びた事は、とてもすばらしい事だと思いますよ。 でも、自分の意思で生活できない状態というのは、たとえ寿命が延びたとしても、喜ぶ事ができないような気もします。 ショッピングカート 童話 オーディオシステム サプリメントの選び方 フリーソフト MY4-Link サイト集 seoリンク ホームページ制作